指輪選びも一苦労

指輪選びに苦戦してしまう

結婚前に用意する婚約指輪の費用

結婚の約束を交わした男女が最初に買うものとして有名なのが、婚約指輪です。この婚約指輪は、必ず用意しなければいけない品物ではなく、なくても婚約は成立します。しかし、多くの女性は婚約した記念として、指輪を男性からプレゼントしてもらうのを願っています。指輪は、ダイヤモンドをあしらった華やかなデザインを選ぶことが多いですが、素材や宝石に対しての正式な決まりはないため、カップルで話し合って個性的な指輪を選ぶ人もいます。最近は、毎日使用する結婚指輪だけを購入するカップルも増えています。費用は、時代によって平均金額が異なり、現在は20万から30万ぐらいが平均相場になっています。

婚約指輪の費用について

結婚を決めたカップルが、最初に購入するものとして婚約指輪があります。この婚約指輪は、結婚の約束を交わしたことを形にしたもので、結納の品の一つとして男性から女性に贈ることが多いです。最近は、結納を省略するカップルが多いですが、指輪だけは購入して、女性に贈る男性が大半です。指輪の費用についての取り決めは特にありませんが、だいたい10万から50万ぐらいが平均相場になっています。現在は、家具や新居などの新生活にお金をかけるカップルが多くなったため、費用は昔に比べると安くなっています。指輪の種類としては、ダイヤモンドを使用した華やかなデザインが定番になっています。

↑PAGE TOP

Copyright © 指輪選びに苦戦してしまう. All rights reserved.